太陽光発電を導入した事で起きるトラブルには、幾つかの傾向があると言います。
太陽光発電設備を導入する際に、発電量がどれだけ期待出来るのかをシュミレーションしますが、このシミュレーションで過大な数字を割り出すことで、運用してみるとそこまで発電量が期待出来ないと言う結果になるケースが有ります。

また、設置をした後に屋根にトラブルが起きると言うケースも有ります。
太陽光発電設備は、ケーブルを屋内に引き回しますので、屋根に穴を開けることになり、そこから雨漏りが起きるようになったり、屋根瓦がずれてしまうと言うトラブルがあると言います。

尚、太陽光発電設備は定期的な点検やメンテナンスを要するものです。
そのため、設置を行えば終了という事ではなく、購入、設置、運用に至る全ての過程の中で携わることになります。
それゆえに、施工を行う会社に求められるのは、経験や知識などになるのです。

経験や実績を多く持つ会社であれば、長い期間付き合っていくことが可能になるわけです。
尚、経験などは数多くの家の太陽光発電設備を導入すると言う実績以外にも、施工研修などを受けることで知識を養っているような専門業者に設置を依頼することで安心出来ると言えます。