設置経験が不十分な業者

| 未分類 |

太陽光発電の工事で後日一番トラブルになるのが雨漏りです。
設置の経験が豊富であったり、もともと建築業者をやっているようなところであれば問題はは多くありません。
しかし、設置の経験が少なく、屋根工事の重要性を知らない業者が施工すると、後日トラブルの原因となりかねません。

屋根はしっかり防水加工はしてあるものの、その多くは防水シートです。
シートですから外部からの衝撃には弱いのです。
そのため、施工経験が多い業者は、このシートの位置を確認しシートを傷つけないように細心の注意を払います。
しかし、そのようなことを知らない業者は、不用意に屋根に太陽光パネル用のアンカーを打ち込んでしまいます。
当然防水シートは破れ、雨が屋根の内部に浸み込んでいきます。
こうなると、浸み込んだ雨水が屋根内部を伝うことで、いろいろな部分へ漏れていきます。
特に激しい雨になると浸み込む量が増加しますので、部屋の中に雨水が垂れてくるようなことになります。

こうなるとさすがに異常に気が付くのですが、専門家か事情に詳しい人でなければこのようなことは知りません。
結果として原因追及ができないまま、屋根の大工事を余儀なくされることが少なくないのです。