契約を急かす業者

| 未分類 |

太陽光発電の普及が加速しています。
それと同時に業者とのトラブルも増えています。
そのほとんどは、契約時に業者のペースにはまってしまい、冷静な判断ができなかった事例が多いです。
太陽光発電設備の設置は300万円以上の出費を伴います。
自分が納得いかなければ施工すべきではありません。

太陽光発電設備の設置に伴うトラブルで多いのが、工事後の雨漏りです。
施工実績の多い業者であれば、屋根の工事は慎重に行います。
しかし、そのようなことを知らない業者が施工すると、早く終わりたいという理由でいい加減な工事をしていきます。

そのような業者の多くは施主に対して着工を急がせます。
施主が躊躇していると、いろいろと理由をつけて今やらないと損をするような説明をするのです。
そのような業者は、まず間違いなく後日のトラブルになりますから施工をやめたほうがいいです。
太陽光発電設備の施工をしてくれる業者はたくさんあります。
好き好んでそのようなトラブルメーカーの業者に依頼する必要はないのです。

高いお金を支払って設置する設備です。
設備の施工費用と売電価格を比較することも大切です。
急いで依頼しなければいけないような工事ではありません。
冷静な判断が必要です。