太陽光発電の設置をしませんかとリフォーム業者を中心にしてセールスが盛んです。
中には、押し売りまがいに契約を強要するような業者もいますから注意が必要です。

gf1940303134lでは、もし実際に太陽光発電設備を設置しようとした場合に、どの施工業者に頼むのがいいのでしょうか。
答えは簡単です。
自分の家を建てた工務店やハウスメーカーに依頼するのが一番確実です。
もし、工務店が廃業していたりした場合は、自分が設置しようとする太陽光パネルの販売店に確認するのがベストです。

家を建てた工務店やハウスメーカーは、自社が施工した建物の図面やデータを保管しています。
修理の必要が生じた場合、工務店等はこれらのデータを使用して修理をしますから、確実で安価にできます。
もちろん、これらのデータは増築等の場合にも活用ができます。
太陽光発電設備の設置においても同様です。

また、工務店が廃業していたり倒産していたりする場合は、パネルメーカーの販売店に多少高くてもいいから確実な業者を紹介してもらいたいと頼むことです。
この場合、どうしても割高になってしまうのですが、屋根の工事は防水シートの設置等がしてあることも多く、下手に施工金額が安い業者に依頼すると後日の雨漏り等の原因になります。